中華街に招かれて              4/16

ワッポーを出て、いつもとは違うバス停に向かってみた。
バス停の手前に、大きくて不思議な木があった。

ぶら下がっているのが枝の一種なのか根っこなのか違うツル植物なのか・・・。
なんか精霊でも住んでいそうな。

しかし、暑い日だった。
たぶん40度近くあったと思われる。

初日に飲んだグァバジュースが飲みたかった。
屋台を求めて中華街に出てみたが、まだ正月休みで店も閉まっているところが多いし、屋台も少ない。
フルーツを買おうかと思ったが、なんか食べ切れなさそうな量のものばかり。

結局、ショッピング・センターのような所まで迷い込んでみたが
グァバジュースとは出会えず。

Oさんは「中国古式脚底按摩」と書かれた店に惹かれていった。
彼女はもともと台湾式足揉みの人である。
かなり痛い方式なので、私は遠慮してみた。
あとで聞いたらかなりソフトだったらしく、なら受けても良かったかな。

しかしまぁ、中華街でびっくりしたのはこの招き猫の群れ。
ここだけではなく、あちこちで売っていた。
宝くじ売場なんかによく居る、手を前後に振ってるヤツである。


この写真は間違いなくタイです。奥にタイ語が見えます。
間違っても横浜中華街や御徒町ではありません。

まさかタイで招き猫と遭遇するとは夢にも思わず。
かなり好評なのか? そういえばブッダ・マーケットではレジ横に
タイの装束をつけたおねーさんが座って手を招いてる人形を見かけた。

中華街に潜伏して何が良かったって、時々漢字が見られてホッとする事かな。
自分がどこにいて、何人なのか分からなくなるようなごった煮の感じがね。

ホテルに戻ると頭痛がした。
どうやら熱射病になりかけたらしい。
戻ってきたOさんが、学校の売店で購入したメンソール入りのクリームを使って
首や頭のマッサージをしてくれた。
おかげで楽になった。

しかし、昼間の激辛スパゲティが効いていて、お腹が下る。
やっぱり口は慣れても、胃腸が悲鳴を上げていたらしい。
持参していた下痢止めを飲んだ。治まればよいが・・・。

この日はぐったりして晩ご飯も食べなかったが、かなり遅くなってたら急にお腹が空いた。
ルームサービスでクラブ・サンドを頼んでみた。
なんだかよく見るクラブ・サンドとは別物だった。
だいたいオープンサンドではなくて普通にはさんであった。

しかしまぁ、味は悪くなかった。
フライドポテトも付いてかなりのボリュームだったが平らげてしまった。

ハードな日々も明日まで。


14)お買い物パワー炸裂