蒸しタオル製造器

ホットタオルを作るホットキャビネットは 普通
機械に電気を通して、ぬらして絞ったタオルを入れて温めるわけですが

残されていた中国製の巨大なこの機械は
まず上方の注水口より水を注入。

すると中で、下方にたまった水がごぼごぼと
タオルを蒸し上げていきます。

これがまたうるさい。
しかも、いったい何本ホットタオルが作れるのか
というほど巨大です。

この機械にはお引き取りいただきました。
しばらくご近所の整骨院で活躍していました。



       

でもさーこれってさー

もしかすると、蒸しタオルを作る機械じゃなくて
シュウマイとか饅頭とかを蒸し上げる
蒸し器なのではないんだろうか・・・・?

と私は推測しているのですが、どうなんでしょう。

戻る