トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

気管支をやられて…肺経・三焦経に滞りが

■2015/12/26 気管支をやられて…肺経・三焦経に滞りが
いつもいらして下さっているKさん、しばらくお顔が見えないと思っていたら「気管支をやられて咳と寝汗が酷くて」ということでした。
だいぶ落ち着いたので、咳などであちこちつらくなった身体を緩めにいらしたのでした。

さわってみると、肺経と三焦経の張りが手足に出ていました。
三焦というのは粘膜や末梢循環と関係する経絡です。

喘息・気管支炎・風邪の時などたいていセットで滞っています。

どちらの経絡も手足に走っていますが、肺に近いので特に腕によく出ます。

ご本人も、なぜ腕のこんな所がピリピリして変なのか、と疑問に思われていたようですが、ご説明すると納得。

また、肺経は鎖骨の下や胸などにも走っているので、こちらの場所も含めて施術、また終わってからはご自分で少しずつマッサージするようにオススメしました。

施術後は、胸がスーッと軽くなったそうで、だいぶ流れたようです。

具合が悪くなった原因はいまひとつ分からないそうですが、ご本人曰く、ついついいつも風邪っぽくなるとすぐに薬を飲んでしまうので、いけないのでは・・・とのこと。

風邪の症状は、身体が菌やウイルスと戦っている証拠です。
それを薬で止めてしまうので、火種が身体の中に押しこめられてしまうようです。

風邪を引いたらすぐに風邪薬を!というのはテレビCMの洗脳のようなものです。
最近は、風邪に薬は必要ない、休息と安静が一番と言うお医者さんの意見も表に出てきていますが、「患者が欲しいというので出す」ということもあるようです。

そして薬の多用によって、逆に後でまとめてドカンと来る、ということも。

どうしても仕事が休めない、という状況の時は仕方ないとしても、なるべく薬は飲まずに、自然治癒力を促進させる方向で風邪と向き合った方が、長い目で見ると、健康のためにはお得だと思います。


Kさんは、ご自分でケアなさっている甲斐もあり、症状はだいぶ治まってきたようです。

これから風邪の季節、でも薬に頼らず、免疫力を上げたり、自然治癒力を助けて、元気に乗り切っていきたいものです(^^)




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ