トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

咳からの風邪・長引く咳には肺経へのアプローチ

■2015/11/12 咳からの風邪・長引く咳には肺経へのアプローチ
今年・・・春過ぎてからだと記憶していますが
喉や咳が長引く風邪が多い気がします。

アレルギーや咳喘息、またもっといろいろな病気が原因の場合もあるそうなので、3週間以上咳が続くようなら、病院で診断を受けた方がいいようです。

「咳が続く」という言葉を何度も聞いているので、重病ではなくとも、たくさんの人が影響を受けている何かがあるのだろうかと気になります。

アレルギー症状を加速するようですので、お隣から飛来するPM2.5なども影響があるのかもしれません。


それで重病ではない場合、経絡的なアプローチはいかがなものか?と申しますと、まずは肺経です。
脚にもありますが、主に腕から鎖骨付近の経絡を緩め、流していきます。

先日は、腕の肺経にアプローチしていたら「すうっと胸のあたりが楽になった感じがした」とおっしゃったお客さま、その後はすっきり咳が止まったそうです。

喘息の方もそうなのですが、鎖骨の下の左右どちらかが固まったような状態の方もいます。
この場所はぐいぐい押すような所ではないので、ご自分で気がついたら、円を描くように軽く指の腹でほぐしてあげるといいと思います。

あと、喉の前面、喉仏の両側あたり、「こんなとこも圧していいの?」と思うような場所ですが、喉がおかしい時は触ると硬さや痛みがあると思います。
そこもやはり指の腹でそぉっと圧すといいです。

また、アレルギーの場合は三焦経を使います。
腕だと寒い時に二の腕をさすったりしますね、あの場所です。そこから薬指に向かって走っています。
腸内環境も関係するので、大腸経にもアプローチします。

アレルギーの場合は体質的なものなので改善には時間がかかりますが、風邪などで一時的にやられている時は、割と早く効果が出るようです。

風邪の場合の咳は、身体の免疫反応です。
もちろん熱や鼻水もそうですが、身体が「良くなろう」としている反応なので、安易に風邪薬を飲んで症状を抑えこまず、身体を休めたり温めたりして、自然治癒力を助けてあげる方向で。

経絡の歪みを整えていくことも助けになります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ