トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

たかがリラクゼーション、されどリラクゼーション

■2015/10/31 たかがリラクゼーション、されどリラクゼーション
ちょっとアレな話ですが、一般的にはあまり知られていないこと。

よく「マッサージを受ける」と言いますが、実はマッサージという言葉は有国家資格者しか使えません。

「タイ式マッサージ」「オイルマッサージ」というのは固有名詞として使えますが、「マッサージ」単体では使えないのです。
ですが、たいていの方は整体やらなんやら含めて「マッサージ」と認識しておられます。

なので、こちらは大っぴらに「マッサージ」と口に出来ず、「トリートメント」とか「リフレクソロジー」なんて言葉を使ったりもするので、どうもここに温度差が生まれ、歯がゆい時もあります。

そして有国家資格者以外は「治療」「治す」という言葉は使えません。
正直、国家資格があっても直せない人はいるし、資格がなくても治せる人もいます。

資格がない場合は「症状の改善」、また単純に「リラクゼーション(目的)」という言葉を使ったりします。


でも、「治す」といっても本来は個人の持っている自然治癒力が「治す」のです。
施術者はその手伝いをするのに過ぎません。

いくらその場で症状が改善したとしても、同じような生活を続けていればまた同じ症状が出たり、痛みが戻ったりします。
最終的には、きちんと自分自身が自覚・管理しなければならない部分が大きいのです。

そこで、重要となってくるのが実は「リラクゼーション」です。

リラックスをするというのは、とても大切です。

仕事・活動をしている、考え事や心配をしている、という状態は交感神経という活動スイッチが入った状態です。
血管の収縮、血圧上昇、内臓の働きも抑えられます。

よく仕事のしすぎやストレスで不眠になったりあちこち具合が悪くなるのは、こういう状態が続いているからです。

力を抜いてリラックスしている状態は、副交感神経というスイッチが入っている状態。
血流が良くなり、内臓の働きも良くなります。

この二つのスイッチがそれぞれ交代にオン・オフになりますが、この切り替えがとても大切。
でもあまりに頑張りすぎると、交感神経スイッチが入ったまま自分で切り替えられなくなります。

そんな時に、リラクゼーションのための施術を受ける、というのはとても有効です。

Shineで行っている施術は、タイ式マッサージと経絡整体、どちらもゆったりとした指圧を繰り返していきます。

そのゆったりとしたリズムと深いところまで届く、優しいけれど力強い圧が、身体の緊張を解放し、副交感神経のスイッチを入れていきます。

もちろん症状に合わせて、痛みや歪みを取っていきますが、一番の目的は実はリラクゼーションによる自然治癒力の発動を助けることです。

たかがリラクゼーション、されどリラクゼーション、なのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ