トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

五十肩(四十肩)の虚実

■2015/07/23 五十肩(四十肩)の虚実
さて、数ヶ月前に左が五十肩になってしまい、事の顛末を3回に分けて書きました。

五十肩(四十肩)になってしまったら・1

五十肩(四十肩)になってしまったら・2

五十肩(四十肩)になってしまったら・3


そして来ました、次は右です。
よく左右やるとは聞いていましたが、やっぱりきたか・・・(^^;)

ここ数週間は一日30分以上、経絡体操や関節を緩めるエクササイズなど続けていたのですが、どうしても肩関節の硬さが取れず、更に腕が痛いなあとは思っていたので、当然といえば当然…でも頑張っていたのになぜ?(T△T)

しかも左と違って右は劇的に痛み始めたわけではなく、じわじわと痛みが来たので、痛くても五十肩なのかどうか、判断しかねていました。
また、一番痛む場所も前と違っていました。

今回は整骨院に駆け込むでもなく、とりあえずアイシングも試みてはみましたが変化は無く、ちょうど経絡指圧の勉強会があったので先生に聞いてみたところ、「残念ながら五十肩です」と言われてしまいました(^^;)

おさらいしますと、左肩の時は腕の付け根の前側の出っ張った骨(上腕骨の前側)が一番痛くて、後ろ側の肩甲骨と腕の付け根の境目あたりが二番目に痛かったのです。

ですが今回、右肩は、腕の付け根の外側というか、三角筋の真ん中あたりが一番痛くて、二番目が同じく後ろの方でした。

分かりやすく簡単な図解です。
最初はAとC
今回はBとCです。




最初の時、経絡から見ると、Aは脾経だなとか、Cは小腸経だなとは思っていたのですが、今回のBは大腸経でした。

ここしばらく自宅での生活パターン的に座椅子に座る時間が長く、座骨あたりが痛くなることもしばしば。
ここは大腸経が走っているところで、座りすぎるとやられます。

経絡体操でも大腸経に問題が出ていることは分かっていましたが、体操程度では追い付かなかったのか…。

なので今回、大腸経からBが痛くなったのは納得です。

しかし、前回とは痛みの様相が全く違うのです。

前々回、経絡の虚実について書きましたが、痛みもまた、虚実で変わってくるからなのでしょうね。
今まで大腸経は「実」だったはずなのですが、いつのまにか「虚」に転じていました(。。;)

実はゴリゴリやってもイケますが、虚はじっくりと向き合わねばなりません。
前回の激痛はAが実だったため、アイシングなど派手にやって効きましたが、今回の痛みは虚だったので、効かなかったようです。

また、Cは小腸経です。
私の場合、ここも虚です。

また、今回、右のA部分は痛みは無く、硬さだけが際立っていました。

つまり、前回より虚が一つ多い。
ダブル虚なので、全くタイプが違ったようです。

勉強会ではBとCの虚にじっくりと持続圧を行い、Aの実も強めに持続圧。

それだけでずいぶんと痛みが引き、動きが良くなりました。

前回は実の五十肩、今回は虚の五十肩。
そんな感じでした。

また、心包・三焦に問題のある人は両肩やる、という話もあるようです。
不整脈やアレルギーなどもあるので、それも納得です。


自分の身体で体験するというのは、つらかったですが実に興味深い事でした。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ