トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

経絡についてのお話・虚と実

■2015/07/17 経絡についてのお話・虚と実
あまり進んでいない経絡のお話シリーズ、
今回は虚と実のお話です。

内臓と関係した経絡それぞれのお話はしましたが
(About body 経絡の話 参照)

さて、それでその経絡とやらをどう使うの?ということです。

簡単に言うと、「虚」はエネルギーが足りていない、流れが悪い状態、「実」は過剰なエネルギーが渋滞を起している状態です。

なぜ渋滞を起こすかというと、虚がうまく流れていないからです。

なので、まずはその「虚」を何とかしなければなりません。


「実」と「虚」の見分け方なのですが、例えば身体を走る経絡や腹部の反応部位を触り、まずは手応えで推測します。

「中身が詰まってぎゅうぎゅうパンパンになっている、ゴリゴリに張っている」というのが「実」です。

反対に「手応えが無く、くぼんでいたり力がない感じがする」のが「虚」ですが、虚というのはたまに、そんな自分を守るために「虚勢」を張ります。

なので、触った時に「実」かな?と惑わされがちです。

ここが、虚実を見分けるのが難しい点です。

虚勢を張って硬くなった奥が実はスカスカな感じ、という所まで見分けられるといいのですが…。

分からない場合は、身体のいろんな場所(経絡)を触ったり、今出ている症状や、普段の症状、性格・生活習慣などいろんなことを聞いた上で、あたりをつけていったりもします。

「実」は多少力強くアプローチした方が流れやすいですが、「虚」はゴリゴリされればされるほど、頑なになります。
守ろうとしているのに力づくで来られたら、ますますガードが堅くなるという感じです。

虚勢を張っている相手には、まず安心感を与えることが第一で、私は危害を加えませんよという感じで、優しく手を当て、ゆっくりと緩んでくるのを待ちます。

すると、奥へ手が沈み、底の方の硬いシコリに触れたりします。
もちろんそのシコリも力づくではなく、優しい圧を加えていると、ゆっくりとほぐれ、気が流れるようになってきます。

そうすると、不思議なことに「実」のコリには触れていなくても、緩んできたりします。


「実」のコリというのは派手に主張するので、「ここをゴリゴリとほぐして欲しい」と思いがちですが、いくら実をゴリゴリしても、虚の部分が流れていないので、また渋滞します。

そして、虚のコリ(虚勢)をゴリゴリすると逆にダメージを受けかねないので、「凝っているから力づくでほぐせば良い」というやり方は、かなり乱暴なのです。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ