トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

経絡についてのお話・4〜〜腎経・膀胱経

■2015/03/31 経絡についてのお話・4〜〜腎経・膀胱経
続きです。

前回の記事
経絡についてのお話・3〜〜心経・小腸経


膀胱経から先に書きます。

膀胱の経絡は主に身体の裏側を通っていて、
両脚の後ろ側(ほぼ真ん中)、背骨の両脇を上がり、首まで。
背中はもうちょっと外側にもう一線あります。

膀胱経に問題があると、背筋が張るため前屈が苦手になりがちです。
また、腰に力が入らない場合もあります。

冷えとも関係が深く、トイレが近い、冷え症&寒がりという人も多いです。 

また、腎のホルモン分泌と協調する間脳・脳下垂体も含み、自律神経とも関係してきます。

なので、神経の緊張のみならず、冷えから自律神経系の不調などが起きることもあるのですね。


腎経ですが、膀胱経と似て冷えや腰痛などとも関係しますが、内分泌(副腎皮質ホルモン)とも関係があり、性的な部分(女性&男性ホルモン)とも関連があります。

よく臍下三寸の丹田、武術や気功などで重視する腹の丹田は、腎の腹部反応点です。

腎経はまさに「生きる力」と直結しているので
ここが弱いとスタミナが無く、疲れやすい、根気が続かない、不安感がある、などいろいろ問題が出てきます。

老化とも関連が深いので、腎の力をつけておくことは大切です。
足腰が弱ると老化が進む、というのは腎経との関係からかと思います。
もちろん丹田のあるお腹の筋肉、腹筋もです。

気功や太極拳などでは、少し膝を緩めて立つのですが、
この姿勢で脚の裏の腎経が鍛えられるのです。

肝腎要、という言葉があるように腎はかなり大切なんですね。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ