トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

経絡についてのお話・3〜〜心経・小腸経

■2015/03/27 経絡についてのお話・3〜〜心経・小腸経
毎度ながらスローペースの更新でスミマセン(^^;)
ようやく経絡のお話、3回目です。

前回記事はこちら
経絡についてのお話・2〜〜脾経・胃経

心経は、後程出てくる「心包経」というのと似ているのですが、
心包経は心臓や血管、心経は心=心臓、といった捉え方です。
心の動きは心臓と連動しているし(ドキドキしたり…)
何か辛いこと、悲しいことがあると胸が痛むし
ストレスで血圧が高くなることもあります。



小腸はもちろん食物を分解・吸収する場所ですが、いわゆる「?血」が溜まるところでもあります。

というのも、精神的または肉体的に大きなショックを受けた時に、小腸に一斉に血が集まるのですが、それが戻り切れずに滞り、「?血」となります。
すると流れが悪く、冷えるわけですね。

もちろんそれだけではなく、外的・内的に冷やすのも堪えます。
女性は、婦人科系とも関係してくるので、大切です。

よく「女の子はお腹を冷やしちゃいけません」と昔から言いますが、今、増えている不妊の一因には冷えも大きく関わっているのではないでしょうか。

外的に冷やすような服装もそうですが、冷たいものや甘いものの飲み過ぎ・食べ過ぎも小腸を冷やします。

また、気を遣う人も小腸の働きが悪くなるようです。

小腸に問題アリの方は、寝起きにお白湯など飲んでお腹を温めるのもオススメです。


生理痛など婦人科系のトラブルがある方も、あまり薬に頼るのではなく
まずはお腹を温めたり、神経を使いすぎない、ストレスを溜めない(発散する)など、
自分の身体をいたわってみてください。

私としては、女性は本当に婦人科系の臓器でいろんなものを受け止める傾向にある感じがします。
ストレスなど、ダイレクトに受け止めてしまう感じです。

やけ食いとか甘いもので癒そうなどと考えず、身体を温め、休めることを大切に。


腰痛・肩こりの原因にもなりますので、もちろん男性も冷やさない、ストレスを溜めない、というのは一緒です。

脾経に問題がある人は、うまく胃で消化できない分、小腸に負担がかかると思われますので、
やはり「よく噛んで」食べることも大切です。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ