トップ

 タイ式・経絡整体とは

 コースのご案内

 店内&施術風景

 ご予約とアクセスマップ

 セラピスト紹介とご挨拶
  • mixiチェック

【セラピストの戯言】胃腸の不調と変化・つづき

■2014/11/10 【セラピストの戯言】胃腸の不調と変化・つづき
前々回の記事、胃腸の不調と変化 の続きです。

さて、今回のことを経絡で見ていきますと
当然、胃経がやられています。

そして同時に、脾経といって、膵臓や消化腺(消化液の分泌)と関わる経絡もやられます。

ここがやられると、おへその周りがごりごりに張ります。
スネの骨の内側も張ります。

食後は胃経の三里のツボや、脛の内側のツボ圧しをすると消化を助けてくれます。

そして、やられている経絡だけではなく、原因となっている所も探るとなお良し、です。

今回の場合、食べすぎの前にストレスがありました。

ストレスと言っても、嫌なことばかりではありません。
環境が変わったり、生活パターンが変わると
気持ち的には前向きで、張り切っていたとしても
「今までと違う」ということに対して、ストレスがかかったりします。

ストレスは、主に心経や小腸経にきます。

細かいお話はまた後日、経絡のお話シリーズで書くことにしますが
経絡というのは、虚と実という状態があり
虚(足りない、流れが悪い)という経絡と
実(過剰、渋滞を起している)という経絡があり

虚の経絡を良い状態にすることで、実の経絡の流れが良くなる
という現象が起きます。

今回、胃・脾経は食べ過ぎでパンパン、つまり実でした。
実の経絡だけ流そうとしても、なかなかうまくいきません。

ということは心・小腸経を流してあげることが先決です。


小腸はお白湯などでいたわっていたので、主に心経を指圧してみたりしました。

その甲斐もあってか、改善方向に向かって、緩やかに変化しています。

まだ、ちょっと食べ過ぎ(通常の量ですが)ると、もたれ気味になりますが
小食モードを守っていると、少しずつでも楽になっているようです。

ぱんぱんだったお腹の張りも、だいぶ取れました。

今回、ちょっと長く食べ過ぎ期間が続いたので、いたわり期間も長く取らないといけないようですね。

反省。














◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
タイ式・経絡整体Shine
http://shine.skyz.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区上高田2-19-1
リヴェール1F
TEL:03-5380-6770
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/2YoPhN
Twitter:http://goo.gl/jLp9uJ
mixi:http://goo.gl/TcNvnK
アメブロ:http://goo.gl/q3oM6Q
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  
                                                                        ▲サイトトップへ